事務所紹介

当事務所の概要

岩田会計事務所は小山市、栃木市、下野市、結城市、筑西市及びその近隣地域を主な業務エリアとして活動しています。

昭和58年に結城市にて開業以来、創業・独立の支援、税務・会計・決算に関する業務、税務申告書への書面添付、自計化システムの導入支援、経営計画の策定支援、資産譲渡・贈与・相続の事前対策と納税申告書の作成、事業承継対策、税務調査の立会い、保険指導、経営相談等のサービスを提供させていただいております。

所長をはじめ職員一同、お客様のニーズに合ったサービスが提供できるよう、日々精進しております。
税務、会計、自計化等でお困りのことがあれば、お気軽にお問合せください。
 

所長挨拶

所長の写真

 

   当事務所では、この激動の時代を中小企業が乗り切るために、黒字化支援、財務経営力の強化支援に取り組んでおります。
 少子高齢化による顧客層の変化、次々に現れる新たな商品・サービス、大手量販店の進出等、なにも手を打たなければ、顧客や取引先の減少が避けられない時代です。
 このような環境の中、経営に役立つ会計データを即時に入手できる体制を整え、経営者の意思決定に役立てることの重要性は言うまでもありません。

 当事務所では、その様な体制を経営者と共に作り上げることをサービスの柱としています。具体的には、貴社を毎月訪問し、月次決算後の最新の経営成績、財政状態を分かりやすくご説明します。
 そして、自計化システムの導入により、即時性のある経営に役立つ情報を入手可能にします。
 併せて、貴社の目標を明確にするため経営計画の策定をご支援します。
 これらは、企業規模が小さくても、企業の存続のためには必要なことです。
 当事務所がご支援しますので、是非、一度お問い合わせください。


所長 岩田 修一


所長経歴

昭和42年
栃木県立栃木高等学校卒業
昭和46年
明治大学商学部卒業
昭和58年
税理士登録、TKC全国会入会
岩田会計事務所を茨城県結城市に開業
平成5年
栃木県小山市に事務所移転、今日に至る

所属団体・資格等

所属団体
関東信越税理士会所属
資格等
税理士

医業経営コンサルタント

AFP(日本AFPコンサルタント)

経営革新等支援機関(財務局・経済産業局認定)

顧問挨拶

所長の写真
岩田会計事務所では、「中小企業経営改革の要諦はICT活用による業務革新にある」との認識のもと、20107月から職員全員にiPhoneiPadを無償配布して業務改革に取り組んできており、毎年秋の経営支援セミナーでは「ICT活用による中小企業経営改革のみちしるべ」としてICT利活用現場の最新情報を発信してきています。

他方、2010年から複合機を始めとするオフィス機器や電話システムなどの事務所内の「情報ネットワーク」の再定義と再構築を行う一方で、業務関連情報の①見える化、②標準化、③共有化を推進してきました。さらには、①情報(書類)の「ペーパーレス化(電子化)」、②会議の「ペーパーレス化」などを通じた業務改革を推進してきた結果、従前ややもすると“タコ壺”にはまりがちだった会計事務所固有の業務スタイルを劇的改めることが出来、業務生産性の向上はもとより事務所の業務文化も大きく変容したところです 

もとより、中小企業の業務生産性を阻害する最大の間接コスト要因は「コミュニケーションコスト」と云われています。モバイル端末とクラウドサービスを効果的に活用する(ICTの利活用の推進)ことにより、日本の中小企業のコミュニケーションコストを劇的に下げる(生産性改革)ことが可能になる、と私どもは確信しています。

私どもは弊事務所でのICT利活用の実践結果を踏まえ、ICT導入のノウハウを顧問先の皆さまと共有し、「ICT経営理念を共有し、地域の中小企業の発展と共に歩む会計事務所」を目指したい、と考えています。


顧問 岩田 稔


 




顧問経歴

昭和46年
栃木県立栃木高等学校卒業
昭和50年

東京大学経済学部卒業、
(株)日本長期信用銀行入行 
~運輸省出向、
公共金融部・開発調査部調査役、(株)長銀総合研究所出向、

長銀公共金融室長、(株)第一証券経営企画部長等を経て

平成12年
(株)整理回収機構入社
~企業再生本部班長、
企業再生第二部主任調査役等を経て

平成19年
大塚ベバレジ(株)入社
~社長付経営推進担当部長、
経営推進部長を経て

平成21

岩田会計事務所顧問就任

事務所内など

事務所内の風景

事務所内

窓からの景色は、四季折々変わり、心を和ませてくれます。

会議室の風景

ディスカッションルーム

お客様との大事な打合せはこちらで行います。

ミーティングルーム

多数のご来所の際はこちらで対応致します。。

会議室の風景

事務所外観

国道50号線、駅南4丁目交差点を南に向かって一つ目の信号を右折するとすぐ左手です。